トレーニング








リストマーク DiSC理論応用レーニング

●DiSCによる部下育成研修
DiSCによるコールセンター研修
●DiSCによる営業研修

行動科学の「DiSC理論」を用いたトレーニングが近年盛んに行われるようになっています。人間の「動機」「欲求」による行動特性をふまえ、自己キャリアの開発、部下指導、上司への働きかけ、お客様との折衝と「DiSC理論」の応用範囲は多岐に渡ります。

ライン









リストマーク コミュニケーションスキル研修

●傾聴力研修
●インタビュー力向上研修
●ロジカルライティング力向上研修
●図化力向上研修
●プレゼンテーション力向上研修
●ディベート研修

ビジネスパーソンには「聴く」「訊く(質問)」「書く」「話す」の4つの能スキルが不可欠です。これらのスキルは、技術者、営業職、事務職を問わず伝達能力を表す重要なものです。
特に技術者においては、これら4力が、「技術」に加えて重視されています。


ライン









リストマーク コンセプチャルスキルトレーニング

●問題解決能力・論理的思考力育成研修
●ソリューション営業力向上研修
●インタビュースキル向上研修


戦略策定、お客様へのソリューション営業、業務改善、業務改革など職場における問題解決能力がますます重要視されています。時間の経過とともに問題発見能力、解決能力、実行管理能力のテーマはスピードとタイミングを選び、さらには、高度で複雑化しているのが実際です。
コンセプチャルスキルの必要性は、若手・中堅層時期からの優先すべき能力開発項目となっています。

ライン









リストマーク マネジメントトレーニング

●組織運営力向上研修
●リーダーシップ力向上研修
●コミュニケーションスキル育成研修

変革型リーダーシップが求められるなか、「優れたマネジメント行動」あるいは「すぐれたリーダーシップ行動」の発揮するメンバーのコンピテンシー(すぐれた行動特性)にもとづく育成はもっとも効果的だといわれます。これらのコンピテンシーに基づく「組織運営力」づくりにおける「コミュニケーション(コーチング、メタリング)スキル」「問題解決力」「戦略思考力」などのフレームワークを提示することはたいへん重要です。


ライン










リストマーク ユーザコンピューティングトレーニング

●情報システム担当者研修
●情報リーダー育成研修
●コンピュータリテラシー向上研修
●情報リテラシー向上研修

昨今の企業へのパソコンの普及に伴い、「個」のコンピュータリテラシーや情報リテラシーの重要性が本格的に叫ばれています。さらに「組織」のでの情報共有〜活用〜仮説行動にいたる「情報リーダー」の育成は必至の企業要件となっています。「情報リーダー」の「存在ならびに強さ」は大企業〜中小企業の競争優位の資源上の競争格差を大きく埋め合わせる力となってきています。